タイムセールの大量購入

私の近所のスーパーは、多くのスーパーさんがやっている食料品売り場の惣菜などが閉店間際に割引されるのですが、それが結構決まった時間にしてくれるのでよく利用しています。

それはそれでありがたく利用しているのですが、あとあとよく考えると買いすぎているので、実はそんなに得してないかな?と思うことがあります。

閉店間際30分前ぐらいと決まっているので、その少し前あたりから買い物をしている人のほとんどが30分前の値引きを待っている状態になります。

それぞれ狙いものがあったり、日によってはかなりいい商品が対象となるため、そんな商品は競争率が高くなっています。というかそんな雰囲気もひしひしと感じるのです。

そして時間になり、お店の人が割引シールを貼りだすと、もうちょっとしたバーゲン並みに人気商品にむらがります。

そんな状態なので、惣菜なんかは量なんかあまり関係なくとりあえず手に取ってしまうことも多かったりします。それでも取っておかないと!と思ってしまうからです。

その場で、余計に買っちゃったかなあと思うこともあるのですが、なんか後で返すのもマナーが悪そうなのでそのままにしておくのですが、それを後で落ち着いて考えてみると、必要以上に買っていたり、量も多すぎたりすることが多いのです。

厳密にいえば、あまりお得じゃないんですが、つい買いに行ってしまいます。

まあ、それが一種の満足感が得られるのがいいのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です